婚活パーティーでは第一印象が大事、服装や身だしなみ

婚活と言えば、勿論結婚したいと思っている女性と男性が集まる所です。
どこかのホテルで大規模なパーティーがあったり、少人数制でアットホーム感があるパーティーもあると思います。

 

そこに友達同士で行くか一人で行くかは自由ですが、もしその中に気になる人がいても中々話し掛けられない、恥ずかしいという奥手な気持ちが出てしまう事もあると感じるのです。

 

ならば、むしろ話し掛けて貰えるように自分の印象を変えるのです。
初めて会う人の第一印象は大体、服装や清潔感など外見を主に見て、あの子が可愛いし綺麗だから是非話してみたいと男性は思うもので、内面に関してはその後です。

 

もし多くの男性の目を引きたくて肩や谷間という肌の露出が多い、丈が短すぎるスカートなどを履いている女性は、余程鈍感な男性ではない限り、遊んでいそうな女と思われてしまい彼女にするなら良いけど、結婚相手の対象にはならないと判断されてしまいます。

 

まず服装で大事なのは色です。
女性らしい色と言えばピンクや白を思い浮かべますが、最近はダークパステルというのが流行っており、くすんだピンクパープル色(ピンクに近いパープル)、真っ白ではなくアイボリーというちょっと黄色がかった白、など可愛い色だけど落ち着いても見えるのでおすすめです。

 

また肌色のストッキングに伝線が入っていないかも要注意です。
もし何かに引っ掛かって破れてしまう可能性もあるので、予備として替えのストッキングを鞄に忍ばせておくのも大事な身だしなみの一つです。

 

そして男性方は相手女性の顔や服装を見ますが、意外と爪先やネイルなども見ています。
女性にアピールする時に爪綺麗だね、と褒めて女性のテンションを上げたいと考え言ってる場合もあると思うのですが、武器のようなスカルプや沢山のラインストーンが入ったネイルは勿論可愛いです。
しかし、将来的に結婚した場合その爪で家事を行うのか、という不安もよぎる男性もいるのではないかと思います。

 

もし習慣的にそのような派手なネイルをしてても、その場では何も塗っていない短めの爪や、薄いピンク、トップコートのような透明色だけを塗り、清潔感を感じさせるのも第一印象として大切な事です。

 

料理を頑張ったり、内面から綺麗になろうと努力してパーティーに参加するのも良いですが、上記に述べた以外にも外見で見られている所があるかもしれないです。

 

パーティーに参加するならば色々な方とお話をし、楽しみたいのです。
話しかけやすい雰囲気をつくる為に服装や身だしなみを整える事は婚活を始める上で大前提な事だと思います。


ホーム RSS購読 サイトマップ