看護師の出会い

出会いがない看護師の実態

看護師の出会いについて

 

看護師は出会いがない人が多いです。職場では女性が多く男性が少ないため仕事の忙しい看護師は出会いの機会が少ないのです。出会いのある男性といえば医者、救命士、薬剤師、臨床心理士、リハビリの人です。病院によっては患者さんと付き合う人も希にいますね。でも職場で男性と恋愛することは稀でほとんどの看護師は出会いがなくて困っていると思います。20代で独身は当たり前だし、30代でも独身は大勢います。40代50代になるとバツがついている看護師さんも多くいますね。子供がいるものの離婚してシングルマザーになり稼ぎが欲しいために、収入がいい看護師として働くというパターンはよくあります。
同世代の友人は結婚しているのに自分は忙しくて出会いがない、という看護師さん。彼氏がいる、結婚しているという看護師はどこで男性と出会いを作っているのでしょうか。

 

看護師の出会いの場としては病院、知り合いのからの紹介、合コン、婚活サイト、恋活サイト、出会い系サイト、合コンパーティー、お見合いセッティング、習い事、ジム、社会人(趣味)サークルなどが挙げられます。勤務時間の長い忙しい看護師にとっては24時間利用ができる婚活サイトや恋活サイトを作って出会いを作った方が彼氏を作るには効率的かもしれません。出会いのない看護士は、働いている部署によっては出会いのある看護師もいるので、職場環境を見直して出会いのある職場に転職するということも考えるといいと思います。例えば救命センター勤務の看護師なら、消防士さんや警察の方と出会う機会もありますし、実際消防士や警察官と結婚している看護師は多いです。いきなり出会って結婚ということはないですから、連絡先を交換して合コンをしたり、デートに行って交際してから結婚ですね。

 

救命センター勤務でなくても外科や整形外科なら入院している若い患者さんと出会う機会なんて山ほどありますね。男性は患者として入院したらどんな看護師さんがいるのかな?ひょっとしたら恋に落ちることなんてあるのかな?ひょっとしたらHなこともあったり?と甘い期待をしているものです。あなたがいいと思った男性の患者さんがいたらアプローチしてみたら上手くいくかもしれません。まずは簡単に会話をして徐々に距離を詰めていってからデートの約束や食事の約束、合コンのセッティングなどしてみるといいでしょう。医者と出会いがほしくて看護師になろうとする人もいますが、医者と出会いが欲しいがために看護師になるのは馬鹿げています。そもそも医師は女性にモテますから恋愛に困っていませんし、わざわざ同じ職場の看護師に手を出す必要もありません。また意外に医者は変な人も多くいますから高収入の医者に出会いたいからといって看護師になるのは止めるべきです。出会い系サイトや恋活サイト、婚活サイトでも使えば医者と出会えるチャンスはあるわけですから。

 

看護師が婚活をして出会いを求める

 

看護師の仕事をしていると、不規則な生活になりますので、異性との出会いが少なくなります。重労働の後では、自分から出かけることも億劫になってしまうものです。しかしあまりにも仕事ばかりをしていると、看護師 出会いが減ることになり結婚適齢期を逃してしまう事になりますので、結婚をしたいのであれば、真剣に婚活をしていくようにするといいでしょう。看護師が婚活をするのであれば、婚活サイトに登録をすることです。職業欄に看護師という事もきちんと掲載するようにしておくといいでしょう。看護師であることを伝えると、出会いが少なくなってしまうのではないかと考える必要はありません。男性の中には、看護師としてしっかりと働いている女性を求めている人も多いからです。看護師の仕事は給料もたくさんもらうことも出来る仕事ですし、尊敬できる仕事でもあります。そういった看護師だからこそ求めている男性もいますので、職業欄に堂々と記載するといいでしょう。不規則な生活の中でも、出会いを求めれば巡ってくるものです。結婚に向けて行動をおこすことによって、今までなかった出会いに巡り合えるようになりますので、自分の将来の為にもあきらめる事なく行動をしていくようにしなくてはなりません。

 

看護は出来ても彼氏が出来ぬ

看護師の出会いは看護学校時代からスタートしており、ルームメイトのほぼ8,9割が女性です。ルームメイトは同じ目標に向かって進んでいる同士であり、恋愛対象には中々ならずルームメイトとの恋に発展には程遠いのです。さらには看護学校は将来人の命を扱い向き合うだけあって、3年間カリキュラムやみっちり実習、レポート、国家試験対策に終われている中本当に多忙でした。生半可な気持ちでは国家試験合格など出来ないし、卒業出来ない為、恋愛する時間や心の余裕が無い状態です。 既に彼氏がいる学校生活と違い、新たな出会いは非常にエネルギーも必要とする為、彼氏が看護学校時代に出来るのは、非常に珍しい事でした。また、彼氏がいても多忙な看護学生時代を送る為に理解のある彼氏でなければ別れに至るケースもあり、私自身がそうでした。そして、無事看護学校を卒業して国家試験合格して就職すると、新人ナースに待ってるのは、研修、看護研究、役員、など業務をこなすのも必死な中で仕事休みでも職場に来たり、何と言っても不規則な勤務形態が、疲労を倍増させていました。新しい出会いを求めて、ナース同士と他の男性グループとのコンパもよく開催されていますが、

 

良い人と繋がっても、仕事によるすれ違いも多いのです。仕事と家の往復で、受け持つ患者さんの生死と向き合い、明日も仕事と日々に追われてエネルギーをたくわえるにも、自分の好きな事をする時間も無いです。ハードワークに耐える為の体力すら、奪われるのです。医療の話題以外に視野を広げてあらゆる情報を知る事も、したくても時間が無かったり彼氏との話題もあいづらいです。しかし、ナースの彼氏は本当に理解あって、優しい男性が多いというのが実感としてあります。

 

同窓会に参加すると出会いが期待できる
同窓会に参加することで、付き合うきっかけになった方は、とても多いです。学生の時に、全く興味がなかった人が、なんだか気になる存在になっているという場合もあります。日頃、自分磨きを続けていても、自然な出会いが全くない方に、おすすめしたい方法です。
事実介護士である友人も同窓会で昔好きだった男性と再会し、結婚まで行きました。介護士 出会いがない職業ですから同窓会は、かつての同級生と出会う絶好の機会なのです。同級生の今の状況を知ることもできます。昔付き合っていた人がまだ独身だったり、告白できなかった相手が離婚していたり、会えなかった時間が長いほど、お互いを知ろうとする意識が働きます。

 

あまりお金を使わずに婚活したいと考えている方にも、同窓会はピッタリの方法です。業者やお見合いのような、縛られる感じもないので、自由な気持ちで参加できるのもいいです。でも、服装や髪型は、印象が良いものにしておかなければいけません。知っている顔ぶれでも、合っていない時間があれば、第一印象が大切なのです。

 

同窓会は、次に会う約束をすることも多いです。連絡先の交換をしておけば、交際に発展する可能性は高くなります。友達の紹介ではなく、自分の力で結婚したい方にもチャンスです。同級生でも、異性として尊重する意識を持ち、将来のイメージを持てると思ってもらえるように、接していきましょう。

 

 


ホーム RSS購読 サイトマップ